アトピー性皮膚炎 治療例|麻布の鍼灸院・整体院の百福治療院は、お客様に最適な施術をご提供致します。百福治療院はアトピー性皮膚炎の鍼灸治療を行なっております。東京/港区/麻布/麻布十番/赤坂/白金高輪

麻布白金高輪・百福治療院
女性鍼灸師が、丁寧にカウンセリング・治療を責任を持って担当します。

アトピー性皮膚炎鍼灸治療東京


アトピー性皮膚炎の鍼灸治療に定評があります。治癒率95%
つらい症状諦めないでください。

atopi
麻布はりきゅう百福治療院では、アトピー性皮膚炎の鍼灸治療を行っております。

鍼灸院での治療は自前の予約が必要です。

麻布はりきゅう百福治療院で期待できる鍼灸治療の効果は次の通りです。

紅斑や丘疹の軽減
強いかゆみや痛みが軽減する
掻き傷の消失
皮膚の黒ずみの軽減、消失
かゆみや痛みによる不眠が軽減する
自律神経を整えることで精神の安定が見られる
アトピー性皮膚炎の患者様に見られる、胃腸障害の治療をすることで、症状の改善が早くなる
薬の副作用を軽減する
薬の効き目が良くなる



アトピー性皮膚炎は、鍼灸治療で改善することが可能です。
鍼灸治療は、自律神経や、白血球内に含まれる免疫ガンマブログリン(IgM,
IgE,IgA)を正常値に戻していきます。

アトピーとはギリシャ語で「奇妙な、よく分からない」という意味を表します。
どうしてこんなに肌がただれ、かゆみが痛みが襲ってくるのか、西洋医学でも、はっきりとしたアトピー性皮膚炎の原因がわかっていないのも、現在の現状です。
そこでアトピー性皮膚炎の治療で登場するのが、ステロイド剤です。
西洋医学的には、原因について様々な説がありますが、決定的ではなく、皮膚のかゆみ、痛み、ただれをステロイド剤などで、抑えることになります。しかし、ステロイド剤は、使えば使うほど効果が薄れ、さらに強力なものを使用することになっていきます。

ステロイドとは副腎皮質ホルモンと呼ばれ、副腎から分泌される3種類のホルモンのうちの一つです。
副腎皮質ホルモン(ステロイド)の作用は

血糖値の上昇
タンパク質代謝の促進
炎症を抑える作用

免疫力を上げることは、アトピー性皮膚炎でのかゆみや痛みが原因で、睡眠不足や不眠での体力や気力の低下にも役立ちます。


西洋医学的には、原因について様々な説がありますが、決定的ではなく、皮膚のかゆみ、痛み、ただれをステロイド剤などで、抑えることになります。

ステロイドとは副腎皮質ホルモンと呼ばれ、副腎から分泌される3種類のホルモンのうちの一つです。
副腎皮質ホルモン(ステロイド)の作用は

血糖値の上昇
タンパク質代謝の促進
炎症を抑える作用

このような作用がありますが、ステロイドには副作用や依存性があるという特性もあります。

そして胃腸が弱っていたり、食生活が適切でないと、胃腸でタンパク質の消化や吸収が十分に行われていないため、糖質ステロイドが多く使われるため、ステロイドを大量に消費し、炎症を抑えられなくなります。

また使い続けていると、だんだんとステロイド剤に対する、耐性が人体にでき、ステロイド剤の効き目が薄れます。
また依存性があるため、症状が重症だとステロイド剤を飲まないと生活が困難になります。

鍼灸でのアトピー性皮膚炎の治療では、このような、ステロイド剤による、弊害を改善できる作用があります。

また、アトピー性皮膚炎の患者様に見られるのが、胃腸の機能の低下、便秘、慢性胃炎、です。
胃腸で処理できなかった食物は、ガスや毒素となって、皮膚の真皮に染み出してきます。そして、処理できなかった毒素が、アトピー性皮膚炎となって現れてきます。
わかりやすい例を出すと、便秘がひどいと、痔瘻になったりや顔のひどい吹き出物が出ることでも、このことがわかります。

ですから胃腸の機能を整えることは、アトピー性皮膚炎を克服する近道になります。

よく噛んで食べる、肉や、油物を控え、野菜や豆などを中心に食生活を変えることも大事な一歩となります。

そして鍼灸治療では、弱った胃腸を整え、血液循環を改善することにより内臓の機能を向上させることができます。

また、かゆみや痛みによる、体のこわばりや、自律神経のバランスの崩れなども鍼灸治療で改善することで、アトピー性皮膚炎の改善だけではなく、体の機能自体も向上し、元気で快活な生活を送っていけるようになります。

もう治らないかもしれない、辛くて辛くてたまらない、アトピー性皮膚炎でお困りの方は是非鍼灸治療を試して見ると、その効果を感じられます。

また、この記事を書いている私自身も鍼灸治療でアトピー性皮膚炎を改善しました。

だから自信を持ってアトピー性皮膚炎は、鍼灸治療で改善することができるといえます。




アトピー性皮膚炎治療例



麻布の鍼灸院、麻布はりきゅう百福治療院では、患者様の体質や体調に合わせ、アトピー性皮膚炎の鍼灸治療を行っております。

アトピー性皮膚炎の鍼灸治療の効果は次の通りです。
ステロイド剤の使用量が減る

薬の副作用の軽減

薬の効きが良くなる

薬剤により、弱った内臓を回復する

かゆみ、痛みの症状改善、軽減

皮膚の症状の改善

長年アトピーを患っている方は、皮膚の症状の跡が薄くなっていきます。

その他、肩こり、腰痛、頭痛など、不定愁訴の改善


アトピー性皮膚炎の、麻布はりきゅう百福治療院での鍼灸治療例をご紹介いたします。

atopi


atopi
atopi
atopi
痛くて痒くて眠れないという日々の中、自分で鍼灸治療を開始しました。

藁をも掴む思い。

ですが、刺絡という方法で治療をしていましたが、なぜか鍼をしたら、痛みや痒みが和らぐ。

眠れないと思っていたが、体が温まり眠れる。

この治療を1週間に3度ほど続けていきました。

1度は悪化しどうしようと思いましたが、その後は順調に改善していきました。

その後先生によるアドバイスで、治療方法を改善、食生活を改善し、症状が改善しました。


アトピーは治ると自分で改善したので、自信を持って言えます。

鍼は、痛い、怖いなどの思いもあるでしょうが、麻布はりきゅう百福治療院で使用する鍼は、髪の毛ほどの細さです。
ちくっとすることはありますが、だんだんと心地よくなり、お休みになられる方もいます。

hard

治療後は、体がポカポカして、心地よいです。
好転反応と言って、眠くなったり、だるさが出たりすることがありますが、体が毒出ししている証拠です。ゆっくり身体を休めて、免疫力をあげましょう。


アトピー性皮膚炎の治療は最初は、週に3回ほどをすると良いです。

だんだんと免疫力が上がり、内臓の機能が回復し、体調が良くなっていきます。




atopi

このページの先頭に戻る