麻布の鍼灸院百福治療院 逆子の鍼灸治療|麻布の鍼灸院・整体院の百福治療院は、お客様に最適な施術をご提供致します。麻布の鍼灸院、整体院百福治療院は、逆子の鍼灸治療を行っております。

麻布白金高輪・百福治療院
女性鍼灸師が、丁寧にカウンセリング・治療を責任を持って担当します。

    百福治療院 逆子の鍼灸治療 


逆子の鍼灸治療は、古代から伝わる、安全な自然療法です。


sakago1 逆子は、母体と胎児の関係がアンバランスになる事により起こります。妊娠中、お母さんの子宮の中で、通常は赤ちゃんの頭は骨盤の上方にあり、位置的には骨盤の上になります。しかし、何らかの原因で赤ちゃんの頭が上や横にある状態を逆子(骨盤位)といいます。東洋医学的に申しますと、陰陽のバランスが崩れた状態です。
陰陽を、母体と、胎児に当てはめますと。栄養を外から取り入れる母体が、陽で、母体から取り込んだ栄養を受け取る胎児は、陰になります。
また上は陽、下は陰です。

陰陽は互いに相互しあい、バランスを取っていますが、何らの外的な要因や、内的な要因により、陰陽のバランスが崩れ、本来陰である胎児の、頭(陽)は陰である下に向いているはずなのに、胎児の頭が陽で上に向き、アンバランスな状態になったものです。
また、『氣」(エネルギーと呼ばれるもの)、『血』、『津液』(体内の水分の総称)の流れの停滞により起こるものもあります。

逆子になる原因は様々です。

母体の骨盤が小さい、冷え性、前置胎盤、子宮筋腫や腫瘍によって、子宮が圧迫される、臍帯の長さ、羊水過多や、羊水過少、子宮の奇形、ストレスや、胎児の奇形、多胎妊娠(双子や、三つ子)、胎児水腫などがあげられます。
sakago2


百福治療院の逆子の治療

百福治療院では、一般的に良く使われる、逆子の治療の、三陰交や至陰へのお灸や、鍼治療に加え、全身のバランスを取る治療をしていきます。
例えばですが、下腿の冷えやお腹に冷えがある方には、全身の冷えを取り除く、というふうに、問診で、生活習慣や、身体の状態をお聴きし、視診で、下や、貧血がないか等を見る、脈診んで全身の状態を察知し、治療方針を決定し、患者様にお伝えしてから、治療をしていきます。
また、食事の指導や、自宅で出来る、メンテナンスをお伝えします。
場合によっては、ご自分や、ご家族の方ができるような、お灸の方法の指導をします。(主に、千年灸を使用します。)


妊娠何周まで治療が可能ですか?


上記のように治療をしていきますと、治療中でも、赤ちゃんがお腹の中で動き出したり、お腹を蹴ったりします。
また、動きの悪かった、腸が動いたり、お帰りの際には、冷たかった脚が、暖かくなったり身体がぽかぽかしたり、様々な変化が感じられます。

では実際の、治療のタイミングです。
sakago3 妊娠28週から30週がベストな期間だといえます。 妊娠28週から30週の治癒率は80%です。
治らなかったものには、臍帯が巻きついていたり、胎児の奇形があったりなどの原因が挙げられます。

31週から32週では70%から80%
33週から34週では50%から70%
35週以降ですと50%以下となります。

また臨月ではほぼ正常にもどったという事がないため、母体や、胎児の安全のために、治療をお断りしております。

このように、逆子治療は、気づいた時点で、すぐに治療をされるのがベストです。
28週から30週だと、2回から3回の治療でたくさんの方が正常に戻ることが多いです。
まれに一度の治療で済む方も降ります。

逆子の治療の料金

一回の治療で、問診や、カルテの作成を含め60分から90分程のお時間を頂いております。
.................6000円


逆子の治療は百福治療院にご相談下さい。

経験豊富な女性鍼灸師が、丁寧に治療を担当します。
www.hyakuhuku.com
info@hyakuhuku.com
070-6525-4189
朝9時からお電話をうけつけております。sakago4

このページの先頭に戻る