突発性難聴の治療は麻布の鍼灸院・整体院<麻布はりきゅう百福治療院>|麻布の鍼灸院・整体院の百福治療院は、お客様に最適な施術をご提供致します。突発性難聴の治療実績2000件。

麻布白金高輪・百福治療院
女性鍼灸師が、丁寧にカウンセリング・治療を責任を持って担当します。

突発性難聴の治療方法
突発性難聴は、明らかな原因がなく突発的に耳が聞こえなくなる、感音性難聴という部類の難病です。

西洋医学的に原因とされているのは

1、ウイルス説
  自己免疫疾患
  血管障害
  ストレスや疲労

2、内耳の循環障害

といわれています。

このように内耳の循環障害が突発性難聴の原因の一つとされておりますが、頸椎部の筋緊張による血流障害を改善すると、鍼灸治療では効果的です。

治療をしておりますと、突発性難聴、メニエール、耳鳴など、耳の疾患の患者様は、乳様突起といわれる、耳の後ろの突起の部分が、異常に緊張していたり、硬結を確認する事が多々あります。

また、お話を聞くと、職場や家庭でのストレスや、人間関係の問題、過労など、精神的にも肉体的にもハードな生活をしている方が多いように思えます。
肩こりや、頚の凝りの約90%はストレスといわれている事から、突発性難聴の原因の一つは、ストレスによる免疫力の低下が大きな問題であるのではと考えられます。

東洋医学では、耳は五臓六腑でいう腎がつかさどっています。

『腎は耳に開竅する』

また腎と肝は、『肝腎同源』です。

腎機能の低下とともに、その子である肝へ栄養されない為に、血行障害や、気血の運行障害がおこる為に起こります。

治療に使う経穴は、耳の周りの、耳門、聴宮、聴会、和りょう、エイ風、。

また頚部の凝りもあることから、風池、完骨、また、頚部の硬結部分、胸鎖乳突筋の緊張部に鍼をします。

ストレスによる、自律神経の乱れを超ス説するため、お腹や、手、脚に鍼と、冷えも気血の運行不良に関わる事から、お灸も施します。

突発性難聴は、発症から時間が経つ程に症状が固定し治りにくくなる為に、発症してから一週間〜二週間くらいの間に治療をすると、比較的症状の回復が早い事が多いですので、お早めの治療をお勧めします。

また、時間がたってしまってからの治療でも、時間はかかりますが充分回復は望める例があります。

治療の初期は、週に2回から3回と、なるべく間隔を空けずに目安としては三週間程治療をします。
症状の回復が見られるようになると、週に1回から2回の治療に切り替えます。

突発性難聴は、何例も症例や、治療経験がある事から、鍼灸治療で充分回復可能な疾患です。

是非ご相談下さい。

女性鍼灸師が施術をしますので、女性の方にも安心して施術を受けて頂けます。
受付朝9時から
http://www.hyakuhuku.com
info@hyakuhuku.com
070-6525-4189









突発性難聴

このページの先頭に戻る