突発性難聴治療 麻布の鍼灸院・整体院麻布はりきゅう<百福治療院>|麻布の鍼灸院・整体院の百福治療院は、お客様に最適な施術をご提供致します。突発性難聴の治療はお任せください。

麻布白金高輪・百福治療院
女性鍼灸師が、丁寧にカウンセリング・治療を責任を持って担当します。

突発性難聴の鍼灸治療

突発性難聴は、ある日突然急に耳が(主に片耳、まれに両方の耳が)聞こえなくなる疾患です。 朝、顔を洗っている時、会社に出勤しようと思って靴を履いた時等、何かをしてる時に症状を発症するときが局限されてるのが特徴です。
めまいや、耳鳴を伴う事があります。

原因はやはりストレスです。

聞こえないというのは、他人には分からない五感ですので、病気の辛さは、他者には理解しづらい部分もあります。
理解し辛いという所では、病気を罹患している本人に取ってはかなり辛い所でもあります。

その部分では、施術側は施術する際に、患者様が病気と向き合えるよう、心情の理解をし、癒しを与え、将来に対する希望を確信を持って与える、カウンセラーの要素も必要とされると思い施術に当たっております。

東洋医学的な見解では、突発性難聴は、耳は水の気ですので五臓でいう、腎の失調が一番の原因で起こります。 腎水は脾の消化作用が弱り栄養を巧く吸収出来ていない状態です。
また腎が弱る事により、その子の肝も失調しますから、イライラしたり、情緒不安定な状態になります。

このサイクルを止めないといけません。
また、気の流れや、身体の状態、筋肉の緊張を改善する為に鍼灸治療を施します。

治療をする際に、施術者として心に留めておく事は、一つは自分の状態がベストである事です。
また、2つ目は、同じ症状が出ていても、患者様の生活環境や、ご職業、趣味、嗜好によって原因が違うという事を念頭に置きます。

病気が起きてる原因に焦点を当て、治療をしていくのが施術者としてとても大切な事だと思っております。



      突発性難聴の治療法

突発性難聴は、発症後数週間が治療を開始する良いタイミングでありますし、数週間以内に聴力の改善が見られない場合、大幅に聴力を失ってしまう場合もあります。
鍼灸治療には、原因のある病巣に、鍼で刺激を与え局部の血液循環を改善し、鬱結や患部の滞りを改善し、症状の回復を促す働きや、ステロイドや、血流改善薬などの、薬の効果を上げ、効きやすくする効果を期待出来る場合がありますので、病院での治療とあわせて鍼灸治療を受ける事をお勧め致します。


鍼灸治療の流れは次の通りです。


発症初期


一ヶ月間程は、集中して治療をします。
治療の間隔は、週に3回から4回。二日おきに治療をしていきますと、徐々に回復が見られていく症例が多く見られます。
耳の周りや、頚部、特に胸鎖乳突筋部分や、咬筋(顎の筋肉)に過度の緊張や、硬結が見られる事から、この部分に鍼を施し、筋肉の弛緩や、血流の改善をする事で、耳の症状も軽くなっていく事が、多く見られます。
通院の都合のつかない方は、刺激量を多くしたり、刺鍼の本数を増やしたりします。

症状の改善が見られてきたら、徐々に治療回数を減らしていきます。


百福治療院での例

1、脈診や問診、患部を触れ、その日の体調や、症状を視て。治療方法を決定致します。

2、鍼灸治療
主に頚部や、耳の周りを治療していきます。また、方や背中の凝りや緊張等が視られる場合は、その部分も治療いたします。

3、全身を整体で、揉み解します。

4、最後に全身の調節をして、自律神経や、内分泌系のバランスを調節します。

治療の流れはこのようになります。

最後は、お茶を飲んで頂き、身体を温めリラックスして頂きます。

突発性難聴は、発症直後が治療のタイミングです。
なるべく早期の治療をして、後々に後遺症を残さないように、お手伝いしていきます。



治療は女性鍼灸師がいたしますので、女性の方にも安心して治療を受けて頂けます。

また、昼間の通院が難しい方は、深夜の診療や、出張もしております。



受付朝9時から深夜5時まで

070−6525−4189

http://www.hyakuhuku.com






nanchou5

このページの先頭に戻る